.

骨盤調整 自律神経 仙腸関節 ホメオスタシスの強化




骨盤調整 自律神経 仙腸関節 ホメオスタシスの強化

骨盤は多くの方が歪んでいます。

まっすくな方はほぼいないので、ゆがみそのものを気にされる必要はないですが、

それも度合いによりけりです。

歪んでいながらも、修正できる柔軟性が骨盤の関節には必要です。

骨盤に動きを付けるのです。大きながっちりした骨なので、動くのかな?

と、不思議に思われる方もいますが、動きます。

身体の軸を調節するための重心点が骨盤にあり、それの関節を仙腸関節といいます。

文字通り仙骨という背骨の下部分と腸骨という腸の器部分の骨で形成される関節です。

この関節が、車で言うサスペンションの役割をしていて、

歪んだまま衝撃を吸収できないと、脳には相当なストレスがかかります。

ですので、脳が自律神経を整えて、ホメオスタシスの強化をし、

メンタルの維持するために、仙腸関節をフカフカな状態に保つことが重要になります。

動画では、骨盤後面の上後腸骨棘と下後腸骨棘をダイレクトに調節しています。

施術後は立った後の、安定感が違ってきます。

 

お問合せ