.

小指側の指がしびれ 前腕のひねり 尺骨神経・回内筋・前腕屈筋群



しびれは神経の異常

 

しびれは神経の異常から来ます。

 

まずは神経の種類ですが、手指の神経は正中神経・尺骨神経・橈骨神経を3つに分かれます。

 

正中神経は前腕屈筋と拇指の屈筋など曲げる筋肉を支配して、

 

正中神経の異常は、手首を曲げる、内に回す(ネジを緩める)、

 

親指を動作、などがしにくくなり、麻痺すると親指の付け根の母指球がの筋肉が委縮して猿手になることもあります。

 

しびれは、主に手のひらの親指側の現れます。

 

次に、橈骨神経は手の伸ばす筋肉伸筋を支配する、上肢最大の神経です。

 

橈骨神経に異常があると、手が伸ばせなくなり、幽霊の手のように手首が垂れ下がり下垂手になります。

 

しびれは指の部分では、手の甲側の中指から親指にしびれが出ます。

 

最後に、尺骨神経ですが、手の小指側の筋肉や感覚を支配する神経で、

 

今回の動画での、治療対象となるしびれの原因神経です。

 

この尺骨神経は麻痺すると指先だけが曲がったワシのような爪になります(鷲手)。

 

よく肘を机の角でぶつけた時にしびる、あの時の神経が尺骨神経です。

 

どこがしびれても、力が入りにくいですが、小指に力が入らないと、腕相撲でも簡単に負けてしまいます。

 

それだけ腕を使うのに重要な、神経になります。

 

手の平を表に向けて、肘の小指側から手首にかけてついている、前腕の回内筋群屈筋群を近づけるようにしぼります。

 

前腕しぼり

 

数回繰り返すと、だんだん円回内筋・橈側手根屈筋・浅指屈筋・尺側手根屈筋などが緩んで来て、血行が良くなり神経も促通してきます。

 

お問合せ