.

冷え性こむら返り




☑年中足が冷えている

☑寝ている時に足がつって、痛くて目が覚める

☑正座で膝は痛くないが、足の裏がつりそうになる

☑ジャンプすると力が入らずに、着地の時バランスをくずしてしまう。

 

立っている間、つねにふくらはぎはバランスをとるために緊張し続けています。

一番下にある抗重力筋の腓腹筋・ヒラメ筋は、休に時間が短いのです。

そのため一度痛めてしまうと、治るまでにお時間がかかります。

役割も第2の心臓という、血液のポンプ作用という重要なものですので、

ヒラメ筋がしっかり働くと、全身の調子も良くなり、風邪をひきにくくなるなど、

免疫力も向上します。

手順:

仰向けに寝てもらうか、長坐の姿勢で行います。

膝を曲げてもらいます。これで、表面の腓腹筋が働きにくくなります。

踵を支点に爪先を曲げていきます。

相手には力を入れないで脱力してもらいます。

曲げながらふくらはぎを伸びる方向

ひざから踵の方へなでるとさらに効果的です。

もう1つの方法として、動画の後半にある、

自分の膝に相手の膝をのせるやり方も有効です。

同じように撫でながら、足首をそらすのですが、

その後ふくらはぎをらせんを描くようにマッサージしてあげるといいです。

これにより、筋肉が伸ばされて、

血行がよくなり、神経の伝達もよくなるので、

足の冷えやこむら返りけいれんなどが、発症しにくくなります。


※スマホの方は電話番号をタップしてください

072-882-2139

アメブロ /Facebook /Google+

お問合せ