.

MRIでも原因不明の膝の内側の腫れについてメール相談


メールで膝の症状相談いただいています

 

相談内容/

 

はじめまして。

15歳の息子のことです。

 

陸上短距離をしているのですが、前触れもなく膝上内側が腫れます。

 

痛みは無く、腫れのため曲げることができません。

 

翌日には腫れは治まりますが、先日は大会直前に腫れ欠場しました。

 

MRIでも異常はなく原因さえわかっておりません。

 

何かお気づきのことがおありでしたら教えていただきたくメールしました。

 

よろしくお願いいたします。

 

姿勢チェックをして原因を見つけることが大事

 

○○様

 

ホームページご覧頂きありがとうございます。

 

ご質問の中三の息子さんの膝について、アドバイスさせていただきたいと思います。

 

まず、MRIで異常がないということで、内側靭帯断裂や内側半月板の摩耗など手術する重篤な症状でないのは何よりです。

 

ですが、レントゲンなど画像診断でわからない軽微な損傷は何かしらあると思われます。

 

現在の膝の腫れは、その画像に映らない損傷を進行させないための防御反応とお考えて下さい。

 

メールでは、

 

いつから腫れるか?

 

練習しすぎで腫れる?

 

練習の無い日は腫れない?

 

今まで痛めたことがあるか?

 

腫れは水がたまっているのか?

 

など詳細はわかりませんが、

 

短距離走という最大の筋力で脚力を使用するスポーツですので、

 

膝に負荷かかる走り方になっているかもしれません。

 

真正面から見たら、膝が外側を向いていませんか?

 

またつま先も外向いていませんか?

 

走り方だけでなく、

 

歩き方・立ち方・寝た時などの足の状態をチェックできればしてみて下さい。

 

足がいわゆるがに股の場合、膝の内側に負担がかかります。

 

大腿部の大内転筋長内転筋内側広筋など内転筋群が突っ張るからです。

 

押えると痛いポイントがあるかもしれません。

 

あれば、膝を外へ向けてその部分をほぐしてあげましょう。

 

そうすることで膝の内側の負担が減ります。

 

筋トレなど力をつけることはしないで、筋肉を柔軟にすることを入念にしてみて下さい。

 

早く走る為に、

 

たくさん走るという「量の練習」ではなく、

 

正しいフォームで走るという「質の練習」に意識向けていくがいいです。

 

その他、ご質問があれば、何回でもご相談ください。

 

可能な限り、腫れを抑えて、試合に出れるようによりよいアドバイスさせてもらいます。

 

クラブに勉強頑張ってください。

 

栗岡整体院院長 栗岡昭男

 

以上(ブログ向け改編)

 

ホームページ訪問後は、お電話かメールでご相談・ご予約ください

 

メールでのご相談はご遠方で通院できない方でも、必ずお返事差し上げます。

 

ホームページでのご縁に感謝するため、栗岡整体院からの返信は

 

「うちに来ればよくなります」「遠くても、とにかく来てください」「お近くの医師にご相談するのが・・・」

 

というような1行程度のご挨拶や勧誘、丸投げはしません。

 

メールで可能な限りの励まし・セルフケアなどお伝えしていきますので、お悩みの方は

 

無料メールでご相談ください

 

お問合せ