.

腰痛から坐骨神経痛にもなった人に骨盤矯正


坐骨神経痛腰痛整体の流れ

こんな症状の方は坐骨神経痛かも!?

 

☑坐骨神経痛のことをテレビでしていたが自分に当てはまる

 

☑脚の裏側に電気が走るような痛みがある

 

ハムスト筋挫傷大腿二頭筋

 

☑腰痛だけでなく痛い範囲が広がっていった

 

☑座ると腰以上にお尻から太ももの裏側に違和感がでる

 

☑病院で坐骨神経痛の薬をもらったが効いていない

 

坐骨神経痛を痛み止めで抑えても原因を解消しないと繰り返します。

 

座骨神経痛でお悩みの方の整体法はこちら

 

座骨神経痛整体



 

坐骨神経痛にはまずは脚上げ検査でチェック

 

とくに坐骨神経痛は原因が複雑なので検査が大事。

 

代表的なものが、ラセーグテスト-SLR。

 

ラセーグテスト 腰痛ヘルニア坐骨神経痛ヘルニアの検査

 

これは仰向けに寝て膝を伸ばして、

 

足を上げていき、神経を伸ばすテストです。

 

症状の強い人は少し足を上げただけで激痛がでます。

 

MRIなどで精密検査が必要な人もいます。

 

レントゲン検査

 

症状によっては検査の段階で当院では見れないことをお知らせします。

 

(その場合もちろん料金はいただきませんのでご安心ください。)

 

もっとも知られている骨盤矯正

 



 

動画はテレビなどで骨盤矯正と紹介される整体法です。

 

カイロプラクティックの世界では、ランバーロール・アジャストと言われます。

 

このテクニックは、骨盤と第5腰椎との間の動きをよくするために行われるものです。

 

横向きになって、上の脚は軽く膝を曲げてベッドの外へだし、上半身は後ろへひねります。

 

軽く息を吸ってもらい、吐いていき吐ききったところで身体ごと矯正をします。

 

神経の圧迫が解除されれが成功です。

 

検査によって狙う神経が違うので、その時は手の当てる位置を変えます。

 

アジャスト終了後、足の長さを見ると同じなっています。

 

友だち追加数

 

腰痛患者様の笑顔

 

腰痛交通事故http://kuriokaseitai.com/type_20腰痛http://kuriokaseitai.com/type_18 腰痛http://kuriokaseitai.com/type_18腰痛http://kuriokaseitai.com/type_18  腰痛http://kuriokaseitai.com/type_18 腰痛分離症の腰痛http://kuriokaseitai.com/type_9 腰痛骨盤http://kuriokaseitai.com/type_19産後の骨盤矯正腰痛http://kuriokaseitai.com/archives/2906

 

※施術による効果には個人差があります。

お問合せ