.

腰からお尻にかけて痛くなる梨状筋症候群や腰痛には骨盤矯正




こんにちは、門真市寝屋川市の栗岡整体院です。

お尻から腰にかけて痛みやしびれがでる症状があります。

梨状筋症候群といわれるものです。

疲れてくるとおこります。また長時間座り続けていてもなります。

立った状態だと、大腿骨から真中の仙骨に向かってやや斜め上に走行し、

座った状態では伸ばされて座面に水平になります。

この座った状態が続くと筋肉が伸ばされて、神経を圧迫して、

痛みやしびれを起こします。

さらにひどくなると、骨盤のゆがんで、腰痛にも症状は広がります。

そうなる前に、骨盤矯正で骨盤内の関節-仙腸関節の動きを付けて、

正しい筋肉の使われ方になるように、しておきましょう。

骨盤矯正は、左右同じ高さにそろえるものと思われがちですが、

それだけでなく、動きが同じなるように調整する必要があります。

その同じにならないと不調おこすのが仙腸関節なのです。

ここさえしっかり動けば、

全ての疼痛が改善されるといわれるくらい大事な関節です。

今回はアジャストいうボキボキ系の調節ですが、

これは好き嫌いがあると思われますので、

同意を得てからでないとしません。

※スマホの方は電話番号をタップしてください

072-882-2139

アメブロ /Facebook /Google+

お問合せ