.

正座ができない膝痛の筋膜リリース法


膝筋膜リリース

 

痛い膝を揉んでも楽にならないのは?

 

膝関節はお皿と言われる特殊な膝蓋骨があります。

 

膝蓋骨は筋肉に覆われていないため冷えやすいです。

 

膝関節の筋膜リリース
 

お皿をもんでも血流は良くならないのは筋肉が少ないからです。

 

膝の血流をよくするには、太ももやふくらはぎなど膝の上下にある筋肉をほぐすことです。

 

最も有効なのが筋膜リリースです。

 

膝の筋膜リリースの動画

 



 

太ももの筋肉が硬いと膝に負担

 

膝の上にある大腿四頭筋や下にある腓腹筋が硬く突っ張っていると膝関節の負担・圧迫が増します。

 

筋肉が硬いままだと筋膜炎を起こして、

 

歩いて膝に体重がかかると痛い、自転車に乗れないなど日常生活にも支障をきたします。

 

膝関節ねじれの動き

 

それらは炎症により痛みを発症する病状です。

 

膝関節の炎症を鎮めるには、筋膜リリース法が大変効果的です。

 

変える整体

 

筋膜を意識する膝関節炎のリリース法

 

膝関節への筋膜リリース

 

セルフで筋膜リリース

 

筋肉を強く押さえつけるのではなくて、ポイントは皮膚を滑らせるように心掛けます。

 

患側の足を曲げて座ります。

 

膝の筋膜リリースセルフケア

 

膝の上の太もものの部分大腿四頭筋とひざ下の膝蓋靭帯・前脛骨筋をもって膝の方向に寄せていきます。

 

膝の筋膜リリースセルフケア

 

それに合わせて、膝を伸ばしてください。

 

これを3回繰り返します。

 

膝の筋膜リリースセルフケア

 

座ってするときは、股関節屈曲位(曲がった状態)になるので、

 

表面の大腿四頭筋の表面大腿直筋が緩んでいます。

 

この時は深層部の外側広筋・内側広筋・中間広筋を意識してリリースします。

 

寝た状態で筋膜リリース

 

膝関節の牽引

 

仰向けの状態でも膝を曲げてスタートです。

 

座位と同じく膝の上の太ももの部分とひざ下の部分をもって膝の方向に寄せていきます。

 

それに合わせて、膝を伸ばしてください。

 

これも3回繰り返します。

 

大腰筋リリース

 

寝た状態の仰臥位では、骨盤がやや後屈で反るので、

 

表層の大腿直筋を意識してリリースします。

 

太ももの筋膜リリース

 

リリース後、膝が大変軽くなり、曲げやすく力も入りやすくなります。

 

正座が出来ない人が可能になったり、階段の上り下りが楽になります。

 



 

膝についてのブログ

 

膝のテーピングについて質問に答える形で説明していますので、是非一度ご覧ください。

 

膝のテーピング



 

O脚矯正



 

マラソンのジャンパーズニーは筋膜リリースやテーピング



 

正座ができない膝痛の筋膜リリース法



 

ガクガクグラグラの膝関節の原因は前十字靭帯



 

足の痛みの患者様の声

 

捻挫http://kuriokaseitai.com/type_5肉離れhttp://kuriokaseitai.com/type_10

足の裏の痛みhttp://kuriokaseitai.com/type_6股関節痛http://kuriokaseitai.com/type_8

 

病院でとれきれなかった膝の痛みを、当院で一度整体を受けてみて下さい。

 

施術の効果は個人差があります。

お問合せ