.

寝違えで首が回らない時は肩や腕を動かしましょう



こんにちは門真市寝屋川市の栗岡整体院です。

ホームページのコンテンツでもお知らせしていますが、寝違えの時は首ばかり揉んでいても良くなりません。

大東市住道駅からおこしの患者様に動画の施術を試みました。

寝違えはどうして起こるのでしょうか?

もちろん寝ている時の姿勢が悪いからなのですが、

子供のように、あちこち転がるように変な格好で寝ていても、

筋肉が柔らかいと、まず寝違えなど起こりません。

なので、予防には普段から筋肉を柔軟に保っておく必要があります。

さて、なってしまった時はどうするか?

状態を検査で調べないといけないのですが、

まずレントゲンではわかりません。

仮に、レントゲンで骨の異常の指摘を受けたとしても、

その骨を正常する方法は恐らく、レントゲンのある施設では、

ないのではないかと思われます。

痛み止めでは、改善できない場合、栗岡整体院にお任せ下さい。

首の骨である、頸椎のゆがみを改善すれば、

正常に動くようになります。

頸椎から肩甲骨についている筋肉:肩甲挙筋・菱形筋・僧帽筋・

これらの弛緩させると、引っ張られて歪んでいた頸椎が元に戻ります。

その状態で首を動かしていくことで、寝違えがなくなっていきます。

 

お問合せ