.

動体療法の検査

背骨のゆがみ検査

 

動体療法

 

動体療法は大島正樹先生が考案した治療方法です。

 

日本のみならず、ドイツ・オランダ・オーストラリアなど海外にも講演依頼が来るという、

 

腰痛に抜群の効果を発揮する整体法です。

 

脊椎模型を前屈させるとわかるのですが、背骨の腰椎辺りは骨の隙間が広がるのが分ります。また、仙骨を固定しないと股関節ごと骨盤がお辞儀するので骨盤と腰骨の関節(腰仙関節)が解放されません。仙骨を固定して背中を丸める様に前屈してもらう動作で仙骨リリースが成功します。

 

施術方法については主に骨盤の仙骨に対してアプローチするのですが、

 

カイロプラクティックとは違いボキボキはしません。

 

動きの検査-動診(モーションパルぺーション)-として11つチェックします。

 

腰痛腰椎腰骨めくり

 

動体療法11つの検査法

 

①寝た状態で膝を曲げていて胸に近づける

 

IMG_0639
 

片側の第12肋骨から坐骨までの筋肉が伸ばされるのをチェックします。

 

対象筋肉は腰方形筋、脊柱起立筋、大殿筋・広背筋など

 

②そのまま膝を外に倒す

 

IMG_0640
 

片側の股関節周辺の筋肉のチェックです。

 

対象筋肉は大腿四頭筋、大腰筋、腸骨筋(合わせて腸腰筋)、

 

恥骨筋、短内転筋、長内転筋、大内転筋、薄筋など内転筋群。

 

①②を左右する

 

③膝を立てた状態でお尻を上げる

 

IMG_0641
 

立位だと反った状態になります。腰方形筋、脊柱起立筋、腸腰筋などの収縮時の痛みを診ます。

 

④膝を立てた状態で膝を胸に近づける

 

IMG_0642
 

座位での前屈みの状態になります。腰方形筋、脊柱起立筋、腸腰筋、大殿筋など伸長時の痛みを診ます。

 

⑤膝を立ててた態で左右に膝を倒す

 

IMG_0643
 

捻り動作での腰の具合をチェック。

 

腰方形筋、脊柱起立筋、大殿筋・広背筋などの伸ばされて痛いか、腰椎のつまりで痛いかをみます。

 

⑥左膝を立てて右ひざを重ねる、重ねたまま右へ倒す(逆も同じ)

 

IMG_0644

 

足を重ねることで、上部胸椎から上部腰椎辺りのねじれ運動の状態をみます。

 

⑦股関節90度屈曲、膝関節90度屈曲して骨盤を軸に下腿を捻る(左右)

IMG_0645
 

座っている状態のまま寝た姿勢で側屈する動きです。

 

腹筋群(腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋、腹横筋)や骨盤から第12肋骨までの筋肉腰方形筋の動き等を診ます。

 

⑧膝を伸ばした状態で足を持ち上げる(SLR・左右)

 

IMG_0647
 

坐骨神経痛や腰部椎間板ヘルニアなど疑いでする検査。

 

筋肉はハムストリングスの大腿二頭筋、半腱様筋・半膜様筋をみます。

 

⑨仰向けの状態で補助して起き上がる(腹筋で起き上がる)

 

IMG_0648
 

動作痛を診ます。

 

⑩起き上がるって前屈する

 

IMG_0649
 

体前屈。

 

⑪長坐の姿勢から仰向けに寝る(腹筋運動の逆)

 

IMG_0650
 

寝る時の動作痛を診ます

 

施術前にこれらの基準が設定することで、整体後の効果をはっきり実感いただけます。

 

動体療法の実証動画・HPなど

 

劇的に良くなった動画をご案内しておきます。

 



 

詳しくはこちら→ 動体療法で腰痛が楽になった門真市の患者様

 

動体療法で腰痛が楽になった門真市の患者様



 

ぎっくり腰についてはこちらで→ぎっくり腰が楽になった整体法を3つ紹介【門真市の患者様】

 

ぎっくり腰の整体



 

大島会長とツーショット

 

動体療法会長大島正樹先生

 

動体療法学会の公式ホームページはこちら→ http://www.doutai.com/index.htm

 

実際の動体療法の手順は栗岡整体院にて受けに来て下さい。

 

寝屋川市萱島駅から徒歩10分

 

栗岡整体院には、動体療法の仙骨リリースを受けにたくさんの患者様が、整体を受けに来られています。

 

※「免責事項」こちら掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、

 

全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。

 

当ホームページの引用文献・参考文献のページ

 

友だち追加数

 

整形外科病院専門医で解決しなかった痛みは、門真市の当院まで、一度ご相談ください。

 

お問合せ