.

首が回らない 首の牽引回旋 首が回りにくい曲がりにくい




首が回しにくかったり、首が曲げると痛かったりすることがある場合は、

牽引が有効ですが、ただ引っ張るだけでなく、伸ばしたまま、

身体を動かしてやると、より楽になります。

手順:

仰向けに寝てもらいます。

できればマクラがない方が牽引しやすいのですが、

ある方が楽な人は枕をして下さい。

軽く牽引しますので、片方のひざを曲げてもらいます。

正中線・真中を軸にして、肩甲骨と骨盤を浮かして捻ります。

3回ほどしたら、逆も同じことをします。

最後に深呼吸をしながら、牽引を緩めます。

前とは違った感覚を味わってみて下さい。

主動作筋:胸鎖乳突筋・僧帽筋・前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋

・頭板状筋・頚板状筋・多裂筋・回旋筋など

これらの筋肉が作用されることにより、首が回るわけですが、

首を回すときの収縮の仕方と

首を固定して体幹を回すときの収縮の仕方は逆方向に縮ます。

いつもと逆方向に縮むことで、脳に誤認識が起こり、疼痛が軽減されているのです。

痛めた部位が完全に修復されるわけではないので、安静は必要になります。


※スマホの方は電話番号をタップしてください

072-882-2139

アメブロ /Facebook /Google+

お問合せ