.

ボールを投げすぎて痛い




 

ボールを投げる投球動作は、勢いよく肩を動かすことになるので、

 

肩の軟骨が傷ついてしまい、回復が遅れることが多々あります。

 

傷を広げないように、動くことで練習しながらも、早く直していくことが可能になります。

 

野球肩投球動作

 

動画では、うつぶせになってもらい、

 

軽く肩甲骨を固定します。

 

肩甲骨は固定して動かさないようにしながら、腕を上の方へ動かしてもらいます。

 

この時手の指ではっていくようなイメージでじわじわ上へ上げていってください。

 

下す時もゆっくりと、じわじわと動かしてください。

 

これを3回繰り返します。

 

同じ動きを、しても今度は痛みが軽減しています。

 

一般的に言われる肩関節は、正確には肩甲上腕関節といい、

 

肩関節は最も可動域の広い関節

 

腕肩を動かすときに、この関節の隙間:遊びが絶妙な距離を保ちながら、

 

軟骨を傷つけず、動かしています。

 

隙間には滑液包と袋状の潤滑材があります。

 

軟骨が傷つく場合もあるし、この滑液包が炎症をおこしている場合もあります。

 

この場合は、アイシングを行いながら、動画の治療方法を行うとより効果があります。

 

アイシングについての詳細なお話は、栗岡整体院にご来院の際

 

お気軽にお尋ねいただければ、指導させていただきます。

 

寝屋川市萱島駅から徒歩10分

お問合せ