.

腰椎分離症の整体動画解説

腰椎分離症は反復動作の繰り返しで腰の骨に負荷が蓄積されて骨折した状態です。

 

初期症状が鈍い腰の痛みですが、慣れてしまうとしばらく痛みを感じにくくなります。

 

反らす捻るで痛い腰

 

ですがさらに運動などで捻じり反らしを繰り返すと腰椎すべり症など症状が進行します。

 

もし現状でしびれが波及していたり、腰全体の痛みにならこのブログを読んでからご相談下さい。

 



 

動画は分離症整体を行ったビフォアーアフター。

 

腰痛に対して足・股関節・骨盤などの施術

 



 

まずは分離症の特別整体の前に下半身の筋肉や関節を調整していきますが、これだけ軽い分離症なら楽になります。

 



 

初めにハムストリングスという太ももの後ろ筋肉を伸ばしていきます。

 

一分近く長めに伸ばします。(60秒は血液が心臓から体全体を一周する時間)

 

柔軟性があるハムストには足首を反らし踵を押し出して足を上げるとよりストレッチ効果が高まります。

 



 

膝を曲げて胸に当てる様に脚を上げます。

 

股関節に詰まりを感じる人もいますし、腰が張る人もいて検査とストレッチを兼ねています。

 

主に大殿筋や腰の筋肉ストレッチですが、硬い人は逆の足も浮いてきます。

 



 

足を胸まで上げてそのまま膝を外に倒し内転筋のストレッチをします。

 

何処が伸ばされているか意識することで効果が変わるので、私は問いかけるよう心がけています。

 



 

画像では私の足で見えにくいですが、鼠径部の隙間から骨盤の内側へ筋肉を削るように骨膜を剥がしています。

 

股関節の詰まりを除去するには、お腹から緩めるのが効果的です(骨膜リリース)。

 



 

ちょっと早送りですが(笑)、腰部の筋肉は外側へ伸ばされるので背骨側に押し戻しています。

 

よく猫背矯正や巻き肩矯正の時に行うのですが、

 

背骨の筋肉を中心へ寄せ脊柱に溝を作るイメージ

 

背中や肩甲骨だけでなく腰椎・骨盤周辺の筋肉も中央へに押し戻すようにします。

 



 

ちょっと小難しい顔していますが(笑)、腰椎の隙間に凝りがあるので親指でほぐしています。。

 

分離している腰椎はコリが強くて他よりも痛いので、ピンポイントで腰骨を狙っていきます。

 



 

その場所以外はあまり痛くなく気持ちイイだけです。

 

気持ち良い刺激も入れつつピンポイント(トリガーポイント)で改善していきます。

 



 

骨盤の上側に腰の筋肉の隙間が存在します。

 

その隙間を狙って腹側からインナーマッスルを狙っていきます。

 



 

お腹側からもインナーマッスルをほぐします。

 



 

骨盤の内側に指を入れて大腰筋などをほぐします。

 

これも大腰筋と腸骨筋というインナーマッスルの隙間を狙います。

 

骨盤ほぐしgif

 

骨盤内側を巻き込むように押さえていきます。

 

あまり強く押さえすぎると力が入るので丁寧にほぐします。

 



 

分離症の症状が出ている側は坐骨が下がっいるので足で押し上げて牽引します。

 

骨盤ごと上げて、牽引は神経もストレッチするイメージで行います。

 



 

反対側も行うのですが、こちらは坐骨を上げるのではなく牽引をメインに呼吸に合わせて伸ばします。

 

息を吐き切ったところで脚のけん引力も抜きます。

 



 

今度は右足首をもって右半身全体を牽引します。

 

左足裏は固定しているので身体全体が動く事は無く、上手く牽引できれば左股関節が抜けるような感じになります。

 



 

足首を固定してと外くるぶしを上に押し上げています。

 

ほとんどの人は靴の外側から擦れていきます。

 

外くるぶし(腓骨外果)が内くるぶし比べて下がっているからです。

 

外くるぶしを押し上げることで腰痛の痺れが改善されることがあるくらい大事なポイントです。

 

腰椎分離症整体

 

健康保険を取り扱う整骨院で腰椎分離症は対応は難しいです。

 

腰椎分離症の特殊整体には高度な技術が必要で、当院は全て院長が最初から責任を持って施術します。

 



 

施術の初めは体を慣らすように表層の筋肉を擦っていきます(軽擦法)。

 

上下だけでなく、斜めに左右にグランドにトンボかけをするように丁寧にならします。

 



 

小手先だけでなく腕の重みと足の操作を使った均し方は腰から背中にかけて均一に脱力させます。

 

筋膜は強い刺激を持続させると抵抗してしまうので、接触面は軽い圧で筋膜を伸ばす必要があります。

 



 

分離した箇所をピンポイントで刺激するのですが、

 

大きく息を吸ってもらい留めてもらった瞬間にドンっと!グーで叩きます。

 

このタイミングで叩打すると痛み無く骨が元に戻ろうとします。

 



 

次に膝を曲げて股関節をてこの原理で締めていきます。

 

手は股関節の出っ張り(大腿骨)を微振動でインナーマッスルまで響かせます。

 



 

カイロプラクティックなどで良くする骨盤矯正をします。

 

痛い方を上にして骨盤腕を当て、呼吸に合わせて瞬間的に押し上げます。

 

ポキポキ矯正になることもあります。

 



 

反対側も同じように骨盤ごと腰椎を押し上げて分離部分を詰めます。

 

ボキボキ矯正音が聞こえることもあり、力を抜いていないと歪みが残ることもあります。

 

腰椎分離症の整体動画・ブログ

 



 

別角度から解説したブログもありますのでご参考ください。

 

腰椎分離症が3回で改善したラグビー部員

 

別解説のブログ

 

背骨から肩甲骨の整体

 

こちらからは画像のみですが、詳細を知りたい方リンク先をご覧ください。

 

☞背骨から肩甲骨の整体

 



 



 



 

 



 

 



 

☞詳しくは大阪もん肩甲骨剥がし整体

 



 



 



 



 



 

肩甲骨はがし詳細

 



鉄棒こうもりぶら下がり

 

自分でしたいときは公園の鉄棒やご自宅のドアの淵などに手をかけてだらんとしましょう。

 

ぶら下がり健康器などもいいです。

 



 

首と頭蓋骨の調整

 

こちらも画像のみで、詳細を読みたい人はリンク先をクリックしてください。

 

☞首と頭蓋骨の調整。

 



 



 



 



 



 



 



 



 

施術効果には個人差があります。

お問合せ