.

痛みの歴史とポリモーダル受容器

2014年12月14日からだの知識
  • 痛みの捉え方は時代によって違う   現在痛みは、脳で感じるものと認識されています。   どこが痛くても、脊髄を通って大脳で痛みの情報を処理します。   首から下の痛みなら、首の状態を良くすればすべて解決するという人もいますし、   首の上、脳を楽にすることこそが万能の治療という先生もいます。  

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ