.

LINEで送る

ゴルフ肘を一緒になおしていきましょう。

ゴルフ肘とは


上腕骨内側上顆炎のことを、通称ゴルフ肘といいます。主に肘の上・小指側が痛みます。痛みの出る動きは、ゴルフのスイング・テニスのフォアハンドサーブ、日常生活ではポットを持ち上げる動作、ビンの蓋の開け閉め、ドライバーでねじを締めたりすることがつらいです。継続的に手首を曲げる動作(掌屈)や手の平を内側に返す動作(回内)で力を入れていると肘の内側に炎症をおこします。肘関節の痛みではありますが、炎症を発生しているのは上腕骨という腕の骨の筋肉の付着部(上腕骨内側上顆)です。

この筋肉の付着部には、先ほどの掌屈・回内動作をする筋肉がたくさんついて、手首を曲げる筋肉(橈側手根屈筋・長掌筋・尺側手根屈筋)、指を曲げる筋肉(浅指屈筋)、手首を内に返す筋肉(回内筋)などがあります。

これだけの筋肉が付着して手首を動かしているので、手首がしっかりとロックされていないと、全て肘へ負担がいってしまうのです。

ゴルフ肘になってしまうと…

ゴルフ肘
一旦痛めてしまうと、筋肉の付着部ですので動かすとすぐに炎症が起こります。サポーターやテーピング、包帯などを利用して、日常は固定してるのが、理想です。些細な力で、痛みを誘発してしまうこのゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)は、どのように治療すればよいでしょうか?まず、炎症があって痛い時は、動かさないことです。よって固定が一番大事です。

ゴルフ肘への当院での治療方法


筋肉の刺激方法ですが、これも強くたたいたり、もみほぐしたりしてはいけません。特に上腕骨内側上顆という発症部位は手を当てて気をおくる(愉気)だけでよいです。引っ張られることで、発症しますので筋肉は縮めましょう(筋膜リリース)。ストレッチの逆です。そうすることで、痛い部位への負担が少なくなり、はち切れそうな突っ張った状態にたわみをもたせることで、肘関節が動きに耐えれるようになります。

ゴルフ肘の自己のセルフケア

12

冷やせばいいのか?温めればいいのか?迷われると思います。よくプロ野球の先発投手が、試合終了後すぐに肩を冷やしている場面を見かけます。ですが、日常生活では必ずしも同じ方法が良いとは限りません。炎症は悪者扱いされますが、治るために炎症が出ているのであって、痛めているので動かしてはいけないというサインです。その炎症を冷やして抑えてしまうのは、必ずしも有効とは言えません。

一般の人は日常生活で、プロ野球の選手の如く全力で関節を使うことはないでしょう。

ピッチャーが冷やしているのは、怪我を治すためにしているわけではありません。

ローテーションをこなせる身体を維持するために冷やしているのです。

そうすると冷やすのは必要ないように思えますが、わかりやすく熱さましの頓服などを服用することを思い出してみて下さい。

風邪をひいて熱が出るのは、ウィルスを退治するためです。これをすぐに抑えて込んでしまうと、風邪が自体が長引きます。

それでも、あまりに高熱になってしまった場合は、各臓器、特に脳へのダメージが危惧されますので、この場合熱を下げてあげる必要があります。

そういう意味で、肘の炎症も同じです。

少しの動作なのに、あまりに痛い場合は、冷やしてください。

そうでない場合は、温める?いえ、温める必要はありません。

固定して肘から手首にかけての筋肉を刺激してあげるとよいです。

温めるのは、冬場に冷えて痛くなった時とお考えください。

 

栗岡整体院には、大阪府門真市寝屋川市のみならず、大阪市・守口市・大東市・四條畷市・東大阪市・枚方市・交野市・八尾市・生駒市・摂津市・高槻市・茨木市・吹田市・豊中市・箕面市・堺市・羽曳野市・富田林市・河内長野市・岸和田市・京田辺市・八幡市・奈良市などの方面からたくさんの患者様が、整体を受けに来られています。ご覧の皆様も、是非当院で整体をご体験ください。

 

※「免責事項」こちら掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。

ゴルフ肘の筋膜リリースを求めて大阪まで

静岡県富士市からの来院の患者様   ゴルフによる肘痛なのでゴルフ肘。   港区赤坂にある2万円のゴルフ肘専門の筋膜整体院も考えていたそうですが、 &nbs

ゴルフで肩の可動域が悪く右首がこる吹田市の患者

ゴルフによる首肩の痛み 吹田市   [caption id="attachment_8730" align="alignnone" width="300"] (足・右膝・右股関節

肘の内側が痛いのはテニスをしててもゴルフ肘

門真市 テニス肘・肩コリ   テニスをしている時に右ひじの内側がだんだん痛みが出てきました。   肘の内側が伸ばすと痛かったので、普通のテニス肘とは逆でフォ

お問合せ