.

マラソンによる足の痛みはお早目に治していかないと長引いてしまいます

 

口コミサイトでの患者様の喜びの声

 

自宅から近くて自転車でも通院できる距離になったのが幸いで、

 

(マラソンで)以前から改善していなかった足の裏の痛みをみてもらいました。

 

中々取れない痛みに悩まされていていましたが、症状についての説明がわかりやすく、

 

足のストレッチやマッサージのセルフケアもとても参考になりよかったです。

 

ありがとうございました。

(ブログ向け編集)

 

患者様の喜びの声

 

ランニングやジョギングなどで長距離を走りすぎて足の裏が痛くなるのは、結構多い症例です。

 

痛みの元となる原因は徐々に増して、明らかな異変に気がついた時には治りが遅くなっています。

 

ですので、その場で痛みが消えるということもありますが、

 

通常は足関節のアライメント・重心を改善して、骨盤や股関節をクッションとなるように柔軟することが大事です。

 

そうすることによって、痛みが発症する距離が5kmから10㎞、10㎞から20㎞へと徐々に、
長い距離を走っても大丈夫になります。

 

 

治療しないで放っておいた時間が長いと、回復時間もそれだけ遅くなるのは仕方ないです。

 

 

ですが、セルフケアと合わせて、通院するとかなり治りも早くなります。

 

 

インソールなどで足裏の状態を無痛で動けるようにアジャストしていると脳が痛みを認識しなくなります。

 

 

高価なものでなくても、脱脂綿や布などで調整してみる方法があります。

 

 

足裏固定はすぐに良くなったケースもあります。

 

 

調整に少し暇がかかりますので、お時間のある時にご相談ください。

 

 

では、お身体お大事にして下さい。

 

 

栗岡整体院院長 栗岡昭男

 

(ブログ向け編集)

<ご記入ありがとうございました。>

※「免責事項」こちらに掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ