.

A.股関節と骨盤について①股関節と骨盤の役割

股関節と骨盤の役割

 

腰痛を考えるうえで、すぐ下にある骨盤、股関節を無視することはできません。

 

それぞれの役割や構造を見ていきましょう。

 

股関節は荷重関節で機能として、①無痛性②可動性③支持性(安定性)が挙げられます。

 

支えて、痛くないように動く関節です。

 

ちょっと痛くなると全体に不具合が生じでしまいます。

 

次に骨盤の役割ですが、①上半身と下半身を繋ぐ役割②内臓を保護する役割があります。

 

骨盤は上からの動きの影響を受けますし、当然下からもうけます。

 

骨盤がぐらつくと全体がダイレクトに影響を受けます。

 

また骨盤内には直腸や泌尿器、生殖器があり外からの刺激を守る役割があります。

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ