.

股関節痛〈タオルを使ったゆがみのチェックと骨盤調整〉



 

〈股関節痛に悩む人〉

 

まずはこちらのページをご覧ください→股関節症

 

鼠径部と股関節の調整

 

股関節の痛みにもいろんなパターンがあります。

 

・背骨の歪みから足にかかるバランスが崩れてしまったもの

 

・骨盤のねじれで、足の付け根である股関節のアライメントが乱れたもの

 

・腰をかばっていた為に、股関節に炎症が生じたもの

 

立位股関節を揺さぶる

 

・坐骨神経痛と股関節痛と混在しているもの

 

・大腿四頭筋や大腿筋膜張筋、大腿二頭筋、半腱様筋半膜様筋の硬縮過緊張による動作制限

 

・インナーマッスル大腰筋腸骨筋腸腰筋のつまり

 

・骨盤内臓器の疾患によるもの

 

などこれらの要因が複数に渡ることも、多々あります。

 

股関節ハムストリングスのストレッチ

 

〈原因を特定するには検査が必須〉

 

患者様から症状を詳しく問診して、何が原因かを絞ります。

 

検査説明

 

姿勢のチェック・動作確認。

 

それらを立った状態・座った状態・うつ伏せ・仰向けと順にどうすると痛さが増すか?

 

これらの検査でもっとも辛い動きに注目して、解決方法をアプローチしていきます。

 

〈タオルを使ったゆがみのチェックと骨盤調整〉

 



 

股関節が痛くて、股関節をマッサージする。

 

これでよくなるなら、軽度で治療院に来られることはないと思います。

 

栗岡整体院で行う最も効果の出やすい方法は、お腹からインナーマッスルをアプローチしていく方法です。

 

これは、本編の股関節症に動画を貼っていますので、より効果を高めるために是非ご覧ください。

 

今回は、ゆがみのチェックで骨盤に注目したいと思います。

 

骨盤のゆがみが股関節に影響

 

低い骨盤がタオルの分高くなって高さが揃います

 

座った状態で、タオルを2つ折、3つ折くらいで厚みを持たせて、まずは具合の悪いお尻半分側に敷いて座ります。

 

これでしっくりいくなら、悪い方の骨盤が下がっているとわかります。

 

逆に座った感じがより違和感が増すということなら、不具合のないほうのお尻半分に敷いて座ります。

 

これでしっくり座れるようなら、悪いほうの骨盤が上がっていると判断します。

 

上がっているから悪い、あるいは下がっているから悪いというものでなく、

 

整っていないことが良くないのと、整っていないのを調節できないくらいに硬くなっていることが、

 

痛みや動作の不具合を出しているのです。

 



 

ではこの状態をどうするのかというと、簡単で座り心地のいい状態でしばらく座ってもらいます。

 

このときにタオルの厚みは微調整してより自然に座れるようにしておきます。

 

1分か2分くらい座ったまま、じっとして一度立ってまた何もない状態で座ります。

 

このとき検査で気になった状態をチェックしてみるとかなり辛さが改善しています。

 

もう一度タオルをお尻に右左敷いてみて、敷いた方が少し高く感じているようになっていれば、かなり骨盤は整っています。

 

これでもまだしっくりいかない場合は、しっくりいくほうにタオルを敷いて、

 

座ったまま軽く足踏みして膝を交互に上げ下げしていきます。

 

私がポイントとなる筋肉や関節を押さえてやるので、痛くない状態でこの動きができるはずです。

 

そうすることによって、骨盤の関節や筋肉が刺激されてより動きに負担が無くなり滑らかさがでます。

 

自宅では誰かに押さえてもらうことはできませんが、タオルを敷いて足踏みはできると思うので、

 

これでも十分効果は期待できます。

 

この骨盤調整法により、守口市からおこしの60代女性の患者様が目の前で、

 

階段が上りやすくなった、車に乗り込みやすくなったとお話してもらっています。

 

是非、お試しください。

 

※施術効果には個人差があります。

お問合せ