.

肩こりの重症度合について

 

 

押してみて痛い肩こり

 

普段は肩こりはないけど、たまに仕事が詰まって疲れてきた時だけコリを感じる。

 

こんな方の場合、肩こりの部分を押してみると痛い場合が多いと思います。

 

押してみて痛い肩は、軽症になります。

 

押すという刺激に対して、痛いという不快な信号が脳へと送られるということは、身体は押されることを拒否したいのです。

 

そこで無理に揉んだり押さえたりすることで、翌日もみ返しになってよけいに痛くなってしまい、

 

さらには筋肉が硬くなってしまうのです。

 

硬くなってくると押されるのが気持ちよくなり、次に・・・

 

少しずつでも肩こりを揉んで治そうとしてくると、じょじょに気持ちよく感じるようになってしまいます。

 

押してもらって気持ちよく感じてしまうのは、中度の肩こり症状です。

 

最も多いタイプでしょう。

 

最終的に重症な肩こりは鉄板のような背中になり、少々押してもらっても何も感じない位に固くなっています。

 

ではどうやって改善していくか

 

肩を揉むのことが良くないみたいな書き方ですが、揉み方しだいです。

 

施術者側が力を入れて揉むのは、受ける患者側も反発して力んでしまいます。

 

抑える指はふわっとして肩にタッチして、身体全体で押さえるようにすると、受け手は力みにくいです。

 

イメージは「ふわっと」です。

 

そして、柔らかい手で肩を押さえるので、患者様はふわっとイメージながら動いてもらうとドンドンほぐれていきます。

 

もし小学校のお子さんがいれば、お子さんに肩に手を当ててもらいましょう。

 

動かさないようにしてもらい、子供のふわっとした柔らかい手を感じてみて下さい。

 

柔らかい手を感じている間に血流が良くなって、ポカポカと温かい感覚が得られると思います。

 

子供の手はとても柔らかいので、とても癒されると思います。

 

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ