.

長時間歩くと痛い右ひざの痛みは骨盤調整。スーパーカーは交通事故してはいけない。

アンケートご協力ありがとうございました。

 

大阪市東淀川区 ご職業 会社員 32歳 主な症状 膝の痛み・足裏の痛み ホームページ

来ようと思った時のお悩み症状は具体的にどんな感じでしたか?
→ひざの痛み、着地時のバランスの悪さから足の裏のいたみ

治療内容はどんな印象でした?その後症状はどのようにかわりましたか?
→段階的に症状を確認しながらで、安心して(効果を)実感できました。

院内の雰囲気・良かったと思うことや、先生の印象などはどうでしたか?
→静かで、キレイで良いと思います。

同じような症状で悩んでいる方や来院を迷っている方に一言お願いします。
→とりあえず受けて、あうかあわないか、確認しても良いと思います。

 

<ご記入ありがとうございました。>

※「免責事項」こちらに掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。

 

原因不明の膝の痛みは骨盤も調整する

 

膝が痛い場合は、右膝・左ひざ問わず、膝そのものよりも他に原因がある場合が多いです。

 

まずは右膝の内側が痛いので、内転筋を緩めていきます。

 

膝を立てて内側に倒してもらう感じで、軽くタッチして脚の付け根から膝関節へ筋肉と筋膜を緩めていきます。

 

足先の方は、踵骨・アキレス腱から膝関節の方へ上げるようにゆるめます。

 

痛くない程度に動かしながら、ひざ関節へ向かって揉んでいくのが大事です。

 

次に横向きに寝てもらって骨盤回しをしていきます。

 

これにより骨盤の動きがでてきて太ももの筋肉自体も収縮しやすくなります。


 

足の裏・足の外側が痛い場合は土踏まずを責める

 

足の裏で外側が痛い場合は、足の甲の内側が高くなっている場合があります。

 

舟状骨という足のおやゆびの付け根の骨が盛り上がると、自然と外側の小指側に体重が乗ります。

 

この舟状骨を上から抑えても沈まないので、反発法という整体術を使って下げます。

 

左手で右足の舟状骨を持続圧を加える。

 

右手はグーを作り、右の土踏まずをギューッと押してパッと離します。

 

これを何度か繰り返しすと、舟状骨が定位置に戻ってきてバランスが整います。

 

歩いてチェックすると外側の痛みがなくなっていました。

 

撮影ご協力ありがとうございました

 

PS:スーパーカーで交通事故をしてはいけない

 

誰しもこだわりがあるもので、レアなものはなんとも魅力的です。

 

私はあまり車のことは詳しくないのですが、この車が名車であり

 

最近の車では出せない味わい深い空間を作り出しているのは分かりました。

 

撮影も快諾いただき、このブログにて紹介させてもらいます。

 

1960年代の激レアで、推定年齢50歳。

 

クーラーはなくキーを回すと後ろの扇風機も回りだす。

(画像右真ん中の青いやつ)

 

エンジン音もハートに響き心地よい。

 

ヘッドレストもなく、ノーズもないので交通事故の時は鞭打ちや足の骨折などのリスクが高まります。

 

それでも選びたくなるのは、スーパーカー所以です。

 

ジャーン!水平気味の左ハンドルゥ!8人乗りぃ~!私と同じくらいの車高ぉ~。

 

昭和40年代のフォルクスワーゲン

 

自分も今の車をあと40年くらい乗ると、激レアになるのだろうが、私自身が85歳になってしまう。

 

車が先か自分が先か?(笑)

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ