.

家で1人でできる身長の伸ばし方!


身長の伸ばし方!家で1人でできる方法を有名整体師に教えてもらった!

身長がどれくらい伸びるかは遺伝であるある程度決まっています。

 

ですが、環境の要素も影響しますので、バスケットやバレーボールの選手などは背が高いですね。

 

よくジャンプすることで背が高くなると思われますが、実際はジャンプして着地した時の刺激で骨が伸びます。

 

ジャンプするだけなら体操選手やトランポリンの選手が高くなりますが、実際彼らは背が低いです。

 

体操やトランポリンは着地の時には衝撃を和らげているので骨に刺激がつわりにくいのです。

 

バレーやバスケもある程度やわらげますが、着地ばかり気にする必要はないので結構足に来ます。

 

もちろん上に伸びるということも一因ではありますが、骨よりもストレッチの要素が強いので、

 

やはり着地時の骨振動が大事です。

 

整体では相手の踵をトントン叩く

 

姿勢を良くすると身長も伸びる
 

通常姿勢が良くなれば身長が伸びます。

 

丸い背中がまっすぐになれば背が高くなるのは容易に想像できますよね。

 

肩甲骨はがしなどは背中をまっすぐにするのにとても効果的な整体です。

 

肩甲骨はがしうつ伏せ
 

骨を伸ばすには踵をトントン叩いていくのが良いです。

 

踵から脳天まで振動が伝わるように骨に長軸方向に刺激を送ります。

 

踵をグーでたたく
 

すぐ伸びるものではないですが、続けることで骨のリモデリング(古い骨が排出され新しい骨が生成されること)が促進されます。

 

なので、踵叩くくらいなら簡単ですよね。

 

家でも踵叩き

 

スポーツをやっていなくても、また体育館のような広い場所がなくても骨に刺激を与えることはできます。

 

動画を見て貰えばわかりますが、あぐらになってグーで踵をトントン叩くのが良いです。

 

あぐらで自分の踵を叩く
 

これだとどうしても脳天まで振動が行きませんが、伸びやすい脛の骨である脛骨に刺激が集中していきます。

 

もう一つは叩くのではなく踵落としです。

 

家の中でどんどんジャンプするわけにはいきませんので、背伸びしてつま先立ちからストンと踵を落とすと良いです。

 

つま先立ちから踵をストンと落とす
 

すると整体で受けた時のように脳天まで振動が届きます。

 

重力的にはこの方法よりは、整体で受ける方が効果ありますがいつでもできると言う点で、成長が止まるまで頑張ってやってみましょう。

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ