.

肩上がりにくい時の瞬間脱力ストレッチ

 



 

肩の調子が少し悪い時に

 

今回紹介する動画のストレッチは、激痛がある時は使えません。

 

すこし調子が悪い時に肩関節を広げるようにするものです。

 

はじめに、外から腕を上げていって上がりにくい方の方を調べます。

 

右肩が上がりにくかった場合、術者は右側に立ち患者様の右ひじを術者の右手で受け止めます。

 



 

患者様に右の肘で下に押してもらうようにして、施術者はその力を右手の掌で吸い取ります。

 

それと同時に、治療者は左手で鎖骨を外側に引っ張ります。

 



 

数秒ほど患者様に力を入れ続けてもらい、ポンッと力を瞬間脱力してもらいます。

 

すると、もう一度外から腕を上げてみると軽く上がるようになっています。

 

先に述べましたように、激痛がある時は使えませんが、

 

運動前や練習のアップにしておくと、怪我の予防にもパフォーマンスアップにもなります。

 

ですので、悪い方をよくしたら、反対の肩も同じようにしておきましょう。

 

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ