.

リハビリに使う干渉波低周波型電気治療器の効果【大阪府門真市の栗岡整体院】

PIC_0002

↑画像クリックで動画が見れます

 

「低周波治療器の電気って効果あるのですか?」

 

「あのお腹に巻くブルブルぶるぶるするやつ。アブトロニック?あれは腹筋がつくのですか?」

 

ゴルフで足首を痛めている患者様に、筋トレのことでお話ししている時、

 

こんな質問を受けました。

 

この手の会話はよくあります。

 

「低周波は効果ありますよ」

 

「アブトロニックやり方で腹筋がついていきますね」

 

(大阪ではお笑いに使われたりします「おもろすぎて腹筋痛い!アブトロ止めて~」とか)

 

51OTQC1GqBL._SL500_AA300_

 

もちろん一回では、劇的な効果はありません。

 

すぐに効果があるというわけでなく、継続して電気を当てることで、

 

動きにくい関節が少しずつ動くようになり、血流も良くなり、筋肉もついてきます。

 

ですが、それだけでなく、リハビリなら自分で関節を曲げ伸ばしするように、

 

体側ラジオ体操

 

動かす自動運動(自らが動かす運動)をしないといけません。

 

自動運動したくてもできない人の為に、電気治療が考案されたので、

 

動かせる人は動きつつ、低周波も当てるのがいいです。

 

脂肪が減るのは、電気を当てることでその部分に集中して筋肉が働くので、

 

同じ腹筋運動でも、お腹に電気を当てながらするととても効果的です。

 

アブトロニックは乾電池式なので、動きながら移動しながら電気を流すことでお腹の筋肉の刺激を強めるいう意味で、

 

より高い脂肪燃焼効果を期待できます。

 

干渉波型低周波治療器は片麻痺の患者様、ケガで動きにくい関節などを刺激するときに、

 

神経を促通させるのに効果があります。

 

低周波は心地よいのでリラクゼーション効果もあります。

 

ですが心地よい刺激は、逆に続けると物足りなくなるので、

 

癒しを求めるならある程度間隔をあける必要があります。

 

どんな機械にも言えることですが、機械に頼るのではなく、

 

自らが動くこと(リハビリ)によって体調を維持・向上させていく必要があります。

 

ですので、私も整体では機械は極力使わず自分の手を動かし使って、

 

患者様のコンディションを改善していきます。

 

※「免責事項」こちら掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。

 

100人以上の患者様の声のブログページはこちら→https://kuriokaseitai.com/患者様の声

 

病院でとれきれなかった痛みを、当院で一度整体を受けてみて下さい。

 

http://youtu.be/QjGt8FscJ70

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ