.

大阪府門真市のトラック運転手様ぎっくり腰にて時間外での来院

ご記入ありがとうございました。

 

門真市の腰痛運転手様の喜びの声

 

大阪門真市 ご職業 トラックドライバー 症状 ぎっくり腰  30代    性別 男性

 

Q1:ご来院のきっかけは? ・HPをみて

 

Q2:お悩み症状を具体的にお願いします

 

→お盆にぎっくり腰になって、ずっと痛かったのですが、

 

今日トイレでしゃがんで起き上がる時に、腰が痛くなりました。

 

(3年ほど前にもトラックに乗り込むときにぎっくり腰になられています)

 

Q3:当院を選んでいただいた理由はなんですか?(なにが決め⼿でしたか?)

 

→ホームページをみて、土曜の午後みてくれるとこを探しました。

 

電話したら見てくれるということで、すぐに行きました。

 

Q4:施術を受けられた感想・院内の雰囲気・先生の印象はいかかでしたか?

 

→はじめにどう動くと痛いか見てもらい、前にかがむ左に捻ると痛いのがわかりました。

 

筋肉と関節を動かしながら、もんでもらいました。

 

最後にテーピングをしたら、初めに来た時よりも楽に動けるようになりました。

 

Q5:同じような長時間運転をしていてぎっくり腰になった人や腰痛で悩んでいる門真市の方や来院を迷っている運送会社の方に一言お願いします。

 

時間外でも、みてくれることがよかったです。

 

〈ご記入ありがとうございました〉

 

検査にて悪い所を自覚してもらう。

 

肌寒くなるとぎっくり腰は発生しやすくなります。

 

今回の患者様は日常車を運転する時間が長いお仕事なので、検査は座った状態を中心で行いました。

 

明かになったのは、座位立位の前屈と、座位の左回旋が辛いということ。

 

その場所は、左の腰椎3番指2本外側にあり、圧痛も確認。

 

まずは、イスから立つ座る動作の補助を行い。

 

一気に楽な感覚を獲得。

 

股関節・骨盤と腰の負担を分散するように、可動域と柔軟性を向上する整体をする。

 

最後にもっとも大事なアドバイス。

 

どれだけ整体で腰痛が軽くなっても、全く元に戻るわけではありません。

 

負荷を分散させることで、局部の痛みを軽減しているので、無理をするとどうしても、ぶり返してしまいます。

 

なので家庭での過ごし方として、楽になった状態から、「痛み」を探さないでください、と説明しました。

 

意識は、「今は来た時よりはるかに楽になっている」というプラス方向へ向けることが大事です。

 

折角痛みが軽減しても、まだここが痛い、動きがゆっくりでないと怖い、

 

など不安が先行すると体もそっちへ戻ろうとします。

 

治療後は右肩下がりだった体調が、整体により一旦V字回復しますが、

 

ジグザク波打ちながら最終的に治癒となりますので、気持ちも動作も慌てず落ち着いて過ごしましょう。

 

そして、こうった不具合を回復する過程で、心身とも落ち着きのある人生を送れるようになるのが当院の目指すところです。

 

<ご記入ありがとうございました。>

※「免責事項」こちらに掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。

 

(セルフタイマーの為ピンボケすみません)

撮影ありがとうございます。

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ