.

杉本錬堂先生のスゴ技連発【治療家整体師の方限定動画】

杉本錬堂大腰筋

 

今回は患者様用でなく、同業の先生方向けの内容です

 

膝・ハムストリングス・大腰筋などの施術動画です。

 

整体師以外の方も見ていただいても構いませんが、スゴ技は理解せずにすると時に、悪化を招きますので、

 

実施は個人の責任において行ってください。

 

ふくらはぎから膝を緩める整体法ですが、

 



 

錬堂先生の考え方では腓腹筋やヒラメ筋が脛骨に癒着を起こしているために膝を引っ張ってしまい膝関節が窮屈になる。

 

だから、癒着を取ってあげると膝が楽になるという理論の元、ペンのようなものでグイグイっと筋肉をきるような動作をします。

 

癒着を取るというのは、筋膜リリースでもよく言われることで私もよく使います。

 



 

次に右の太ももの後ろですが、なんと右の大胸筋を剥がして、柔らかくしています。

 

似ている形のものを和らげると、反応するのです。(結構いたそうです)

 

少し強めの施術でも、あとはかなり楽になっています。


 

右膝の内側のこりを取る方法で、内くるぶし下の踵の内側をくいくいしています。

 


今度はお尻の筋肉。

 

まずは、踵の外側足底方向へペンでこすり、続けて尾骨の際をはがします。

 



 

お腹の筋肉を緩めるには、内転筋の真中あたりをほぐしています。

 

肩の前あたりを(烏口突起)広げるようにして、呼吸を楽にしています。

 

さらに生え際の真中をグイグイ、鼻も右は小腸経・左は大腸経としてグイグイ動かします。

 

最後に胸骨をこすっています。

 

錬堂先生はひらめきの天才と思います。

 

ご本人は謙遜されていますが、普通の人が思いもつかない発想がどんどん湧いてい来て、

 

それを惜しみなくご教授いただけるところに、器の大きさも感じずにはいられません。

 

ご指導ありがとうございました。

 

杉本錬堂先生の勉強会での一コマ

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ