.

背骨の筋肉はぎょうさんある

脊柱起立筋

背骨を立たす筋肉脊柱起立筋

 

背中の真中に、出ている骨があります。

 

一般に背骨と言われる部分は、脊椎(椎骨)の棘突起と言われる部分です。

 

背骨は棘突起でみる

この背骨である脊椎を立て起こす筋肉を脊柱起立筋といいます。

 

脊柱起立筋はたくさんの筋肉の集まりの総称で、大きく外側の腸肋筋、最長筋、棘筋に分かれて、

 

その他にも棘間筋、半棘筋、多裂筋、板状筋、後頭直筋、頭斜筋なども含まれます。

 

脊柱起立筋の特徴

 

最長筋などというといかにも長い筋肉のようですが、小さな筋肉の集合体です。

 

腰部、胸部、頚部、頭部など脊柱と同じように、上中下で場所でわかれて最長筋も胸最長筋、頚最長筋、頭最長筋に分かれています。

 

脊柱起立筋は重力に抗する動きで使われるために「抗重力筋」に含まれて、拮抗筋は腹部の腹直筋(非拮抗筋)になります。

 

立つ状態・座っている状態で使用されるので、日常的に大変良く使われる持久力のある筋肉です。

 

年齢とともに、背中が丸くなると、この脊柱起立筋が伸ばされて、

 

力が入りにくくなってしまうので、整体ではとても重要視しする筋肉です。

 

身体の軸を通り、軸を作り出す筋肉ですので、必ず整体の際にチェックして、調整しています。

 

各筋肉分類

脊柱起立筋

①頚腸肋筋:もっとも外側にある腸肋筋群の一番上。首の伸展・側屈。

 

②胸腸肋筋:腸肋筋の胸部。胸椎の伸展・側屈。脊柱に付着しない脊柱起立筋。

 

③腰腸肋筋:腸肋筋の一番下。骨盤の仙骨などから出る。胸椎の伸展・側屈。

 

④頭最長筋:最長筋で一番上。頭部につく。頸椎の伸展・側屈・回旋。

 

⑤頚最長筋:最長筋の上部胸椎から始まり、頸椎のC2~C6につく。頚椎胸椎伸展、頸椎の側屈。

 

⑥胸最長筋:最長筋の下部の筋肉。骨盤の仙骨と腰椎の棘突起・横突起から始まり、腰椎胸椎肋骨に付く。胸椎腰椎の伸展・側屈。

 

⑦頚棘筋:最長筋の深層にあり、最も内側にあり細い筋肉。頚椎伸展側屈。

 

⑧胸棘筋:棘突起に付着して頸椎腰椎を伸展。

 

⑨回旋筋:棘筋同様、脊柱周りで最も深層につく筋肉。のこぎりの歯みたいにギザギザに付く小さい筋肉の集まり。

 

短回旋筋は横突起から一つ上の棘突起につき、長回旋筋は横突起から2つ上の棘突起につき、脊柱の回旋・伸展補助する。

 

⑩多裂筋:回旋筋を覆う深層の筋肉。脊柱を動かしもするが、椎骨(体幹)を安定させるインナーマッスル。

 

頸椎から骨盤まで伸びるので、頚多裂筋・胸多裂筋・腰多裂筋にわかれそれぞれ少し役割が違うが、主に、脊柱の安定固定・伸展・回旋をする。

 

⑪頭半棘筋:始まり(起始)はC3からTH7で、停止は後頭骨上項線と下項線の間。頸椎の伸展・側屈・回旋。

 

⑫頚半棘筋:起始はTH1からTH6で停止はC2からC6の棘突起。脊柱の安定、胸椎頸椎の伸展・側屈・回旋。

 

⑬胸半棘筋:半棘筋で一番長い筋肉。

 

⑭上後鋸筋:僧帽筋に覆われている筋肉で、息を吸うときに第二肋骨から第五肋骨を引き上げる呼吸筋。

 

⑮下後鋸筋:広背筋に覆われている筋肉で、息を吐くときに第9肋骨から第12肋骨を内側に引き下げる呼吸筋。

 

⑯前斜角筋:頸椎の前面から第一肋骨につき、、息を吸うときに肋骨を引き上げる呼吸筋。

 

⑰中斜角筋:前斜角筋と同じ呼吸筋で、頸椎の横から第一肋骨につく。

 

⑱後斜角筋:息を吸う時に胸郭を広げて、肋骨を引き上げる呼吸筋で、C567から第二肋骨か第3肋骨につく。

 

⑲頭板状筋:僧帽筋の内側にある筋肉で、頸椎の伸展・回旋・側屈。

 

⑳頚板状筋:頭板状筋のやや前にあり、頸椎の伸展・側屈・回旋。

 

参考文献:プロが教える筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典(石井直方監修・荒川裕志著 ナツメ社)

肉単 (河合良訓監修・原島広至著 NTS)

解剖学イラスト事典 松村譲兒著 中外医学社

お問合せ