.

手の腱鞘炎の説明

手の腱鞘炎

腱鞘炎の説明

 

腱鞘炎とはどういう状態でしょうか?

 

先日門真市の患者さまから整体中に質問をうけました?

 

それには、「腱・鞘・炎」と漢字を分けて見るとわかりやすいです。

 

「腱」ですが、これは筋肉が骨につくものもあるのですが、多くは骨の前で腱になります。

 

関節を動かしやすくするために、腱は骨と筋肉を繋ぐものになります。

 

では「鞘」はというと、「さや」と訓読みして、刀を収める鞘と同じ意味で、腱同士が擦れ合わないようにしています。

 

炎は炎症のえんです。

 

つまり腱鞘炎は、腱を収める鞘の炎症です。

 

関節を曲げ伸ばししすぎると、腱と鞘が擦れ合い炎症が起きます。

 

炎症ですので、痛みが強い時は基本的には冷やすのですが、慢性になっている時は使い方を変えるように誘導します。

 

場所により、方法が違うのですが、筋肉は縮めるように持っていき、関節も隙間を適度にあそびをつくるようにします。

 

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ