.

背中の痛みと背骨のゆがみ

大阪府門真市の栗岡整体院です。

 

背骨の歪み骨盤のズレ

 

背中の痛みは背骨のゆがみと関係します。

 

本編で紹介してるように、多くの方は上部胸椎にて右により、腰椎辺りで左に曲がる場合が多いです。

 

骨盤の歪み・背骨の歪みの治療・改善を行う大阪府の治療院



 

心臓と肝臓をさけるように背骨が並んでいるということです。

 

臓器を避ける背骨

 

もちろん、上部胸椎で左よりの人も腰椎が右に曲がっている人もいます。

 

また弓なりに左曲がり、弓なりに右曲がりの人も少なくありますがいます。

 

さらに、前湾がきつい猫背のひとや、後湾の反り腰。

 

あとはねじれの入ったゆがみ。

 

これらを総合して背骨を捉える必要があります。

 

骨盤がゆがんでいるから、

 

腰が曲がっているから、

 

肩の高さがちがうから、

 

と原因を1つに決め付けることはよくありません。

 

もっとも安全で、効果の高い施術をしていくには経験が必要です。

 

まずは手の共鳴法を用いるのがよいでしょう。

 

手のリフレクソロジー

 

中指は背中とみます。

 

押していたい時は、その反対側から軽く指を添えて、呼吸を整えるのを待ちます。

 

再び中指を押してみて痛いのが和らいでいたら、背骨をチェックします。

 

まだ、動きに差支えがあるときは、誇張法でちょくせつ歪みをとります。

 

ねじれ強調してゆがみ矯正
 

腰が曲がっている方を上にしてねじります。

 

痛いがあってはいけないので、患者様と意思疎通をとりながら、心地いい程度にストレッチする感じです。

 

誇張法というのは、筋肉はより縮めてあげることによって、戻したときには緩んでいる、そういう性質を利用して、

 

歪みを解消する方法です。

 

簡単にいうと、より歪ませるのです。

 

歪みをよりゆがませるとよくないように思われますが、逆にしてしまうと、反発してすぐに戻ってしまいます。

 

筋肉が反発しないように、まずは歪みという体を受け入れることが、正す方法なのです。

 

これにより可動性のある背骨になり、体質も改善され痛みが引いていきます。

 



 

施術効果には個人差があります。

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ