.

膝関節の前十字靭帯と半月板の手術後

患者様の喜びの声100人以上友だち追加数

膝関節への筋膜リリース

膝の手術後、正座ができないなどの相談

 

■内容/

 

前十字靭帯と半月板の手術をして約8ヶ月が経ちました。

 

でも、筋力がなかなかつかず完全に正座もまだできません。

 

何か良い方法を教えて下さい?

お皿をめくったところに前十字靭帯は損傷しやすいです

当院の返信

 

○○さん

 

こんにちは。

 

前十字靭帯と半月板の手術大変でしたね。

 

8か月だとすると、そろそろ完全復帰もしたいくらいうずうずして、

 

気持ちがおさえきれなくなっている時期と思います。

 

ですが、その気持ちをリハビリへ向けて下さい。

 

筋力をつけるためにしてはいけないことは、

 

膝関節を曲げながら負荷の強い運動をすることです。

 

膝を曲げ伸ばしする場合、できるだけ軽い負荷で動かしてみて下さい。

 

また曲げるだけでなく、脚を閉じる開く運動もしてください。

 

膝の間にゴムボールを置いて閉じる

 

膝の下にゴムボールを置いて太ももの力で床方向へ押える。

 

チューブを使って脚を広げる運動などが負担が少なくいいと思います。

 

セルフでマッサージするときは、

 

必ず股関節側から膝方向へ、

 

足首側から膝方向へ、

 

と膝へ向かって皮膚にシワを作るようにしましょう。

 

逆にやると効果が半減することが多いです。

 

体幹を鍛えることで、両膝ともバランスよく回復するので、

 

ストレッチポールをお勧めしています。

ストレッチホールで体幹を鍛える

寝て、手だけで、あるいは足だけで、さらには指5本だけ・1本で

 

・・・という風に背骨だけでホールに乗れるようにバランスを取ってみましょう。

 

こうすることで、神経の流れもよくなり回復も早くなります。

 

お大事にして下さい。

 

回答は、ブログなどに匿名にて同じ悩みを持つ人にお役立てるように投稿させていただきます。

 

ご来院いただいた時は、一生懸命整体しますm(__)m

 

よろしくお願いします。

 

院長栗岡昭男

 

ホームページ訪問後は、お電話かメールあるいはLINE@でご相談・ご予約ください

友だち追加数

LINE@にご登録頂くとお得な情報が届きます

 

電話番号070-5431-2139を電話帳にご登録いただくと、LINE(個人)の登録も自動でできます。

 

よろしくお願いします

 

メールでのご相談はご遠方で通院できない方でも、必ずお返事差し上げます。

 

ホームページでのご縁に感謝するため、栗岡整体院からの返信は

 

「うちに来ればよくなります」「遠くても、とにかく来てください」「お近くの医師にご相談するのが・・・」

 

というような1行程度のご挨拶や勧誘、丸投げはしません。

 

メールで可能な限りの励まし・セルフケアなどお伝えしていきますので、お悩みの方は

 

無料メールでご相談ください

 

お電話番号をお知らせいただければ、こちらからお電話差し上げこともできます。

 

(電話相談は施術時間だと、電話に出れません)

 

「首が痛い」とだけ相談内容に書かれていても、質問が大きすぎて的を得た返答ができませんし、

 

メールアドレスが無いと返信できませんので、相談も詳細に投稿いただくと回答しやすいです。

 

100人以上の患者様の声のブログページはこちら→https://kuriokaseitai.com/患者様の声

 

大阪府門真市寝屋川市のみならず、各方面からたくさんの患者様が来院されています。

 

病院でとれきれなかった痛みを、当院で一度整体を受けてみて下さい。

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ