.

足の外側が痛い腰痛改善法



 

枚方市の淀川公園で長年草野球していて足の外側が痛くなった

 

立った上体で前屈、反らす。

 

座った状態で前屈、反らす。

 

この動作でどこが痛いか必ずチェックします。

 



 

もちろんほかの動きも診ます。

 

長年腰痛持ちで、今回立っても座っても痛い、右すねの外側が痛い患者様が来られました。

 

右股関節も痛かったのですが、これは骨盤回しの整体法ですぐ楽になりました。

 



 

この患者様はすぐによくなると確信

 

最初の一手で子の患者さんの治りは早いなと思いました。

 

ひとつは変化に対して反応がいいのと、

 

その骨盤回し一手での喜びようはその場の雰囲気がとても心地よいものだったからです。

 

次に仰向けになってもらい、膝倒しののチェック。

 

検査兼ストレッチ(膝倒し)。仰向けで膝を立てて、左右に倒すと腹筋の横側から腰に掛けてのストレッチになります。また極端に片方が倒しにくい場合は骨盤のゆがみが大きく関係しているので、骨盤調整をして左右のバランスをとっていきます。

 

左に倒すと右の骨盤がやや突っ張るので、膝を曲げ伸ばししながら腸腰筋・大腰筋・腸骨筋のマニュプレーションをします。

 

股関節の詰まりや腰の奥の方に違和感があるなどを訴える場合は、お腹側から腰のインナーマッスル大腰筋をほぐしていきます。画像では骨盤ほぐしのように見えますが、おへその斜め下あたりから内臓をかき分ける様に大腰筋を狙います。膝を立てて姿勢だと腹直筋が緩んで大腰筋を押さえやすいです。

 

さらに骨盤周辺の筋膜リリース法で、筋肉のすべりをよくしていきます。

 

これによりほぼ右股関節と腰の前屈したときの痛みが取れました。

 

さて、最終的に前屈で痛くなるのは、下腿の外側である前脛骨筋の部分、

 

この部分は筋膜リリース法でやってもなかなか取れなかったので、

 

うつ伏せに寝て右ひざを立ててもらい、膝裏のコリを触ってみると、圧痛がありました。

 

そこを丁寧にほぐしつつ、つま先立ての操体法。

軽くつま先を外にしてあげてもらいます。

 

それに対して私が抵抗をかけて、瞬間脱力してもらいます。

 

それを3回繰り返して、膝裏の圧痛をチェックすると、こりが小さくなり痛くなくなっていました。

 


 

膝の裏には脛骨神経・膝窩動脈静脈・リンパ節があるので、

 

この部分がコリにより流れが悪くなると、膝下からの筋肉に不調が出やすいです。

 

どうもふくらはぎがだるいという人はこの膝裏をもんであげるといいです。

 

膝関節のストレッチ

 

これで大分改善されたのですが、最後にもう一締め

 

ここまでするのは、患者様がお仕事忙しく、

 

なかなか時間が取れないので、ほぼゼロの状態でかえってほしかったので、

 

反発法で脛骨と腓骨の間を締めました。

 

下部脛腓関節の開きを調整

やり方ですが、初めに外くるぶしと内くるぶし、内果と外果を右手でぎゅっと締めて、

 

その間を左の親指で押さえてパッと離します。

 

右手の締める力を弱めてしまうと効果が半減します。

 

その方法を上へずらしていきます。

 

お皿の手前では腓骨頭とう足の外の出っ張りと腓骨頭と同じ高さの膝の内側を左手で締めて、

 

右の親指で押してパッと離していきます。

 

もう一度下へ降りていって外果と内果の間に反発法をして、前屈をしてもらいました。

 



 

結果は全く痛くない。

 

共に喜び咄嗟に握手。

野球で腰痛足・腰

 

この患者様も日曜日には枚方市の淀川沿いで草野球をできるまでに回復しました。

 

ということで、施術方法整体法も動画で再現しておきましたので、ご覧ください。

 

6月から関節の不調の方が続いてます。

 

天候が激しく変化するからです。

 

特に大きな関節の腰を普段使っている人は注意が必要です。

 

梅雨が明ければ、楽しい夏はもうすぐです!

 

※「免責事項」こちら掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、

 

全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。

 

施術による効果には個人差があります。

 

100人以上の患者様の声のブログページはこちら→https://kuriokaseitai.com/患者様の声

 

腰痛や足の痛みの患者様の声

 

捻挫https://kuriokaseitai.com/type_5 足の裏の痛みhttps://kuriokaseitai.com/type_6 股関節痛https://kuriokaseitai.com/type_8腰痛https://kuriokaseitai.com/type_18

 

※施術効果には個人差があります。

 

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ