.

腰痛や肩を痛めない体の使い方について



 

腰痛や肩を痛めない体の使い方

 

大阪市鶴見区から、介護の時に、相手の身体を起こす動作で、

 

肩や腰を痛めてしまった方がご来院されました。

 

施術は、主に筋膜リリース整体を行い、疼痛が軽減しました。

 

ですが、からだの使い方を間違っていては、すぐに再発の恐れがあります。

 

普通曲げる力を利用することが多いのですが、

 

これですと、部分的な力への負担になってしまいがちです。

 

大きな力を出すには、体幹から出力するイメージで、伸ばす力を使います。

 

まずは手の甲から

 

相手の身体に接するときは、手の甲から触れます。

 

これにより、相手に無駄な力が入りにくくなります。

 

術者は伸ばしていくイメージです。(治療中もこの触れ方を意識しています)

 

手の甲から、首のうしろと曲げた膝の裏へ支えていきます。

 

なれないうちは手を返してもかまいません。伸びる力をイメージです。

 

かるく、足の裏も持ち上げて、ゆりかごのようにリズムをとって、

 

足の裏が床面につくすれすれで一気に手を伸ばして持ち上げます。

 

ゆりかごの重力と伸ばす力を使うと簡単に、寝たきりの状態からでも起こせます。

 

 

呼吸が合えば、立たせることも可能です



 

この動画では、ゆりかご重力は使っていませんが、体幹の軸に腕を合わせて、

 

呼吸をあわせることで、寝ている時よりも強い力を出しています。

 

息を合わせるのは、何事にも重要ですね。

 

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ