.

枚方市から眼精疲労と肩こりを肩甲骨はがしで

 



 

枚方市の眼精疲労と肩こりの患者様

 

肩こりから目が疲れてきます。

 

肩こりの筋肉が首から後頭部・頭頂部を伝って瞼を引っ張り緊張させるので疲れ目になるし、

 

目蓋も帽状腱膜から引っ張られる
 

首周りの筋肉がゴリゴリに凝ってきて頭へ行く血流が悪くなるからです。

 

背中にへばりついた丸い肩甲骨をはがしていくストレッチで目が覚めるように体が軽くなります。

 

枚方市左肩甲骨はがし枚方市肩甲骨はがし

 

自分では指が肋骨と肩甲骨の間に入ると思っていない人も多いですが、是非ご相談下さい。

 

右肩甲骨も左肩甲骨もガッツリ指をいれて肩甲骨はがしができました。

 

枚方市眼精疲労左首
 

眼精疲労の時のマッサージ

 

目のツボ攅竹と晴明

 

目が疲れている時に、目頭を揉んだりします。

 

そこには、晴明というツボがあります。

 

また晴明の上で両眉の付け根に攅竹というツボがあります。

 

攅竹と晴明

 

これのツボを優しく指でもみほぐしていきます。

 

あまり強く圧すと痛めてしまうので、皮膚をさするように押さえましょう!

 

晴明を揉む

攅竹を揉む

 

変顔でスミマセン(笑)

 

目の奥にある重要な骨蝶形骨

 

眼球は顔面の骨に埋まっているのですが、顔面の骨の蝶形骨にはまっています。

 

触ることが難しいのですが、こめかみの所で調整できます。

 

蝶形骨の場所

 

以前頭蓋骨の骨は動かないということで、

 

小顔矯正をメニューにしている美容サロンが行政から注意を受けました。

 

解剖学的には頭蓋骨は動かないということになっています。

 

整体的には動きます。

 

こめかみの蝶形骨調整

 

そして、この蝶形骨を調整することで体がとても楽になる人がたくさんいます。

 

とくに肩こりからの頭痛などで薬が効きにくい人には効果があります。

 

肩の凝りが前頭骨・おでこを緊張させる

 

目蓋も帽状腱膜から引っ張られる

 

肩こりは背中から前頭骨までをひっぱり、猫背の人は前と後ろの引っ張り合いになります。

 

眉間にしわが出来ている人や、おでこに深い溝がある人は引っ張り合いの緊張がきついです。

 

(悩みも深いと言われます)

 

そんな時は前頭骨というおでこの骨に指を当てて調整します。

 



 

自分でするときは軽く指3本を左右に当てるといいです。

 

軽く触れる程度で刺激するのが大事です。

 

決して強く押してはいけません。

 

前頭骨の調整おでこに指3本軽く充てる
 

 

患者様の声

 

Q1:症状 枚方市 会社員様

 

枚方市眼精疲労首筋
 

小学生の頃から疲れやすい体質で、いつも困っていました。

 

最近はそれに加え眼精疲労や左の肩甲骨がよくこっていました。

 

その為仕事をすることがとても苦になっていました。

 

Q2:当院を選んでいただいた理由はなんですか?

 

大阪もん肩甲骨はがしで翼のような軽い肩に!

 

お店の看板や肩甲骨はがしの写真を見て予約を入れました。

 

Q3:施術を受けれた感想・院内の雰囲気・先生の印象はいかがでしたか?

 

施術前と施術後の変化を実感できるようにしてくれました。

 

枚方肩甲骨はがし

 

具体的には骨盤や肩甲骨のゆがみを前と後で確認してくれました。

 

Q4:同じような症状で悩んでいる方や来院を迷っている方に一言お願いします。

 

この一時間でたしかな変化があったので、良い整体を探している方はぜひどうぞ。

 

枚方市眼精疲労左首筋

 

<ご記入ありがとうございました。>

 

※「免責事項」こちら掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、

 

全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。

 

100人以上の患者様の声の詳細なブログページはこちら→https://kuriokaseitai.com/患者様の声

 

患者様の喜びの声100人以上患者様との喜びの笑顔2

 

料金を確認する→https://kuriokaseitai.com/content_5

 

寝屋川市萱島駅から徒歩10分https://kuriokaseitai.com/content_8

 

地図を確認する→https://kuriokaseitai.com/content_8

 

枚方市右肩甲骨はがし

枚方市眼の疲れ左首筋

枚方右肩甲骨はがし

 

大阪府門真市寝屋川市のみならず、各方面からたくさんの患者様が来院されています。

 

病院や名医に専門的に治療してもらえなかった痛み症状は、当院の整体をお試し下さい。

 

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ