.

仕事帰りに疲れを取るのは冷やす?温める?

 

IMGP1065
 

外での立ち仕事ですが首肩がつらくなる

 

この夏場は外でのお仕事は大変体力を消耗することと思います。

 

お身体を触ると熱がこもっているようなので、施術中は首を冷やしながら行います。

 

首筋を冷やすと、頭へ行く血液の温度が下がり、頭も冷えを感じます。

 

同じ血流を良くするのも、一工夫でまた効果も違います。

 

ちょっとしたことですが、ピタッとアイスジェルを当てた時は、患者様もお悦びなられるようで甲斐があります。

akaza

よくある質問は冷やすべきか温めるべきか

 

肩が凝って辛い時は温めるといいのですか?それとも冷やすといいのですか?

 

また温湿布がいいのですか?冷湿布がいいのですか?

 

よく聞かれる質問です。

 

答えは温めて下さい。

 

直後48時間以内のケガでないや練習直後で疲労しきった身体でなければ温めましょう。

 

当たり前ですが、家で毎日水風呂入る人はいないと思います。

 

お風呂で全身を温めているのですね。

 

できれば大の字になれるような大きなお風呂、銭湯に行って全身を温めましょう。

 

温める方が体はよくなります。

 

熱を持ちすぎた状態や炎症がある状態の時だけは冷やしましょう。

 

湿布についてですが、結論はどっちでも同じです。

湿布シップ
冷湿布は冷感を刺激して、冷たく感じさせる役割。

 

温湿布は温感を刺激して、温かく感じさせる役割。

 

成分の主な違いは、唐辛子エキスが入っているかいないかの違いです。

 

それぞれスーとする、ポカポカするという心地よさが痛みを鎮めます。

 

文字通り鎮痛剤の役割です。

 

成分的に温湿布には唐辛子エキスが入っているので、温かく感じる代わりに、刺激が強いのでかぶれ易いです。

 

当院で使うのはシップは冷湿布で、塗り薬は温感刺激タイプと冷感刺激タイプがあります。

 

現在バイオフレーズを主に使っています膝ポカホットゲルは売っていません
 

現在は主に冷感タイプのバイオフリーズを使用しています。

 

軟膏ツボに分け売りもしていますので、受付にてお申し付け下さい。

 

患者様の笑顔
 

患者様の声

 

高槻市からの帰りに通院

 

首、肩がいたかったから

 

日曜日も行っているので

 

時間の都合がよかったので

 

牽引やマッサージがあっていたので

ご記入ありがとうございます。
<ご記入ありがとうございました。>

※「免責事項」こちらに掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。施術による効果には個人差があります。

 

 

大阪府門真市寝屋川市のみならず、

 

・吹田市・豊中市・箕面市・堺市・松原市・柏原市・羽曳野市・富田林市・河内長野市・高石市・和泉市・泉大津市・忠岡町・貝塚市・岸和田市

 

・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町・河南町・太子町・千早赤阪村

 

方面からたくさんの患者様が来院されています。

 

湿布でとれきれなかった痛みを、当院で一度整体を受けてみて下さい。

 

整形外科病院専門医で解決しなかった痛みは、門真市の近隣寝屋川市守口市大東市四條畷市はもちろん、大阪市内や東京都奈良など遠方からも来院される当院まで、一度ご相談ください。

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ