.

加古川市の腰痛患者様の声

慢性腰痛の患者様が急性腰痛(ギックリ腰)になりそうな状態だったので骨盤から施術していきました。

 

 

ぎっくり腰になりそうな時は、筋膜が緊張して張っています。

 



 

前屈みになると緊張度が増し張り裂けて結果的に筋膜が挫傷し突然の腰の痛みに襲われます。

 

ぎっくり腰は筋膜の負傷だったのです。

 

筋膜を伸ばしていくには、押したり揉んだりするのも良いですが、たわめる必要があります。

 

たわめるにはつまむのが一番効果があります。

 



 

先の動画のように皮膚をつまんだまま前屈していくと痛みのある筋膜は伸ばされないで、

 

つまんだ部分以外がストレッチされてぎっくり腰が改善していきます。

 

 

これだけで筋膜の悪化が防げることが出来るので、日常が過ごしやすくなります。

 

その他にも骨盤の関節を調整する方法などもいくつか紹介します。

 

皮膚をなでる腰部の筋膜を軽擦する新体

 

先に詳しい改善方法を読みたい人はこちらをクリックしてみて下さい。

 

加古川市の腰痛患者様

 

 

 

殿筋を緩ませてから仙骨をなでる様にマッサージするカエル足系

 

基本的に急性腰痛になりそうな時は最初に皮膚をなでるようにして緩めてから、

 

指圧などでしっかり筋肉を締めていきます。

 

詳しくはこちら☞加古川市の腰痛患者様

 

 

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ