.

右ハムストリングスの筋挫傷の為走れなくなった岡山県岡山市のラグビー部員様

大阪府門真市の栗岡整体院です。

 

肉離れ

 

寒い時期に痛めた筋肉は無理すると良くなりにくい

 

肉離れについてのページはこちら→https://kuriokaseitai.com/type_10

 

ラグビーのような瞬発力や切り返しの筋肉筋力を必要とされる運動だと肉離れは多々あるケガです。

 

初期のアイシングなどの処置と一定期間の安静などをしないと元に戻るまで長引いてしまいます。

 

冷却材
 

今回は練習を頑張りすぎたので、

 

反対の左のハムストリングスも張りが強くなり右側はしこりができてしまったケースです。

 

走ると痛く、またストレッチもできないので以前は前屈でゆかに手のひらがついていたのですが、

 



 

3か月たった今でも今は指先がぎりぎりの硬さです。

 

やはり寒い時期に痛めたので、中々らくになるまで時間がかかってしまっています。

 

次にどのように施術していったかお話していきましょう。

 

大腿部らせん状触覚器刺激法。座骨神経痛の為に足が上がりにくかったので、両手の指先でラセンを描くようにふくらはぎから太ももまで皮膚をなでる様に擦っていき触覚器官を微刺激していきます。表層のリンパの流れ、神経を整えていきます。

 

痛くないように動かすには、痛い所にしわを寄せるイメージ

 

肉離れ・筋挫傷は筋肉があるいは筋膜が裂けてしまった状態です。

 

裂けたものを伸ばすとさらに裂けて傷めてしまうので筋肉の裂けている患部が伸びない様に固定します。

 

この固定した状態で足を上げてもらうと、固定する前に比べて痛みが軽減しています。

 

太ももの筋膜リリース
 

何回かこの痛くない状態で動かすのを繰返して、

 

次に固定ではなく痛くないところからいたところに向かって絞り込むように、

 

しわをつくる、あるいはたわみを持たさせるようにしてみます。

 

ハムストリングスの肉離れ筋膜リリース

 

相手の動きに合わせてするのがいいです。

 

足を上げる動きと、筋肉を絞り込む動きを合わせて痛くない程度に動かしていきます。

 

これによりさらに動いても痛くないようになっていきました。

 

あとは骨盤の動きが良くなるように骨盤回しをして、

 

骨盤回し

 

うつ伏せで外側のハムストリングス(大腿二頭筋)を筋膜リリースでほぐし、

 

横向きで内側のハムストリングス(半腱半膜様筋)を緩めていき終了です。

 



 

大変礼儀正しい大学ラガーマンだったので、反応も良くこの調子だと来月頃にはダッシュも可能でしょう。

 

岡山県の大学生ラグビー部
 

患者様の声

 

岡山県岡山市 22歳 大学生 太もも肉離れ

 

Q1:お悩み症状を具体的にお願いします

 

3月末にラグビー部の練習中に、右の太ももの裏の肉離れになりました。

 

ラグビー

 

かばっていたら左側も痛くなりました。

 

肉離れになったところには”しこり”ができて、はしるのがかなり痛かったです。

 

ストレッチもちょっとづつしかできませんでした。

Q2:当院を選んでいただいた理由はなんですか?

 

アメブロで土日営業、夜遅くまで開いている所を見つけました。

 

Q3:施術を受けれた感想・院内の雰囲気・先生の印象はいかがでしたか?

 

一つ一つ説明しながらやってもらえて自分でもわかりやすかったです。

 

Q4:同じような症状で悩んでいる方や来院を迷っている方に一言お願いします。

 

土日しか時間がない人でも来れるので良いと思います。

 

岡山県の大学よりラグビー部員
 

<ご記入ありがとうございました。>

 

※「免責事項」こちら掲載された事例や患者様の体験談は個人の感想や成果によるものなので、

 

全ての人への効果を保証するものではないことと御理解ください。

 

寝屋川市萱島駅から徒歩10分https://kuriokaseitai.com/content_8

 

施術による効果には個人差があります。

 

大阪府門真市寝屋川市のみならず、

 

大阪市・守口市・大東市・四條畷市・枚方市・東大阪市・交野市など近隣の地域の方はもちろん、

 

広島県・香川県・岡山県など中国地方の方もご来院いただきよきご縁を頂いています。

 

サッカー選手の重度の腰痛
広島県患者様が関空フライト前に腰痛治療~オーストラリアのサッカーリーグ所属選手~

 

ご記入ありがとうございました。
香川県さぬき市の慢性腰痛とテニスで右肩痛の患者様喜びの声

 

股関節症でお悩みの香川県からの患者様
香川県高松市からのご来院右股関節痛患者様

カテゴリ別記事

過去の記事


Google+
お問合せ