.

股関節ニュートラルポジションでほぐす

大阪府門真市の栗岡整体院です。

 

股関節カエル足

 

こんな症状でお困りではありませんか?

股関節

☑第二京阪沿いを歩いていると、だんだん股関節が痛くなってきた。

☑階段を上っていると、脚の付け根が痛くて力が入りにくい。

☑座っていたら、お尻の奥の方がしびれてくる。

☑腰が痛かっただけなのに、股関節も痛くなってきた。

☑寝屋川沿いを健康の為にジョギングなどしていたら、鼡径部に違和感がでてきた。

 



 

湿布・痛み止めやマッサージでは変わらない

 

湿布シップ
 

栗岡整体院に来院されるまでに、

 

整形外科・リラクゼーション・接骨院など色々回って最終的に当院を選んでいただく方がいます。

 

多くはレントゲンと薬、うつ伏せでほぐし、電気とマニュアル施術のようです。

 

股関節は解剖学的にとても複雑で強靭な関節です。

 

股関節は解剖学的にとても強靭な関節です。

 

骨盤と大腿骨という大きな骨をつなぐので、靭帯も人体最強度です。

 

その為足を伸ばした状態で寝ていても、股関節周りは緊張が取れていないことが多いです。

 

そこで、画像のような姿勢をとります。

 

この体位が股関節のニュートラルポジションです。

 

骨盤調整(うつ伏せ)。膝を外側から上げることで、お尻の筋肉がたわむので深層までほぐしやすく成ります。また坐骨を押し上げていくことで骨盤の関節に動きが出てきます。

 

カエル足のように膝をよこにあげます。

 

こうすると股関節周りの靭帯にたわみができて、関節にあそびができます。

 

三軸方向から圧をかけてお尻の筋肉を緩め骨盤の関節に可動性をつける

 

膝を支える手は股関節方向へ押し込んで軸圧を加えることで、さらに緊張をなくしたわませます。

 

この姿勢で大殿筋や中殿筋などをほぐしていき、じょじょに膝も上げていきます。

 

膝が上がりきれば、足裏を支点にして膝を今度は天井方向にあげてさらに、ほぐします。

 

股関節ニュートラルポジション

 

これにより、突っ張りやすい外側の筋肉がゆるみやすくなり、内転筋群のストレッチにもなります。

 

このように股関節はニュートラルポジションで調整していく必要があるのです。

 

施術前施術後の脚上げもこんなに違います!

 

大阪市鶴見区でスポーツされていたので、もともとは体が柔らかいです。

 

脚が上げやすくなっています

 

また足自体が軽く、歩くときも一歩が大きくなり、スイスイ移動ができます。

 

歩幅が広がることでさらに、姿勢も良くなります。

 

当院でのその他の治療方法


・最重要筋肉のインナーマッスル大腰筋の働きを活発にします。→リンク


お腹按腹

 

・圧迫されつづける股関節を牽引して、除圧解放します。→リンク

足の牽引

 

・骨格調整法を用いて、股関節を矯正しアライメントを整えます。→リンク

 

検査説明

 

・その他、足関節のゆるみを締めたり、手の反射点を刺激、頭蓋骨の対応ツボを押圧。

 

これらを組み合わせて、ひとつひとつ確認しながら効果的な方法でアプローチしていきます。

 

 股関節症についての本編まとめ→リンク

 

患者様との喜びの笑顔2

地図

 

大阪府門真市寝屋川市のみならず、東京都奈良神戸市各方面から患者様が来院!

 

施術行には個人差があります。

 

大阪もん肩甲骨はがしで翼のような軽い肩に!
 

お問合せ