.

前屈で腰が痛い人には広背筋腹斜筋アプローチ



こんにちは、門真市寝屋川市の栗岡整体院です。

今日の動画は身体を柔らかくするものです。

☑クラブの練習前の柔軟体操が苦手。

☑昔は床に手がついたのに、お腹も出て来て手がまったく届かない。

☑子供のころから体育の時間は身体が固く、マット運動などが出来なかった。

☑前屈にチャレンジしてみたら、逆に腰を痛めてしまった。

とにかく現代人は身体の固い人が多いです。

ひとえに運動不足ということもあるし、食生活に問題があったり、

中には遺伝的に固い人もいると思います。

ですが、やり方次第で、つま先くらいは床・足先につくものです。

基本的に筋肉は伸ばされると、縮もうとします。

反対に縮めると、緩もうとします。

この性質を利用して、まずは片手を伸ばします。

反対の手は逆に肩ごと後ろに引きます。

ちょうど腰を捻るような感じになります。

次に反対側をつま先に伸ばし。反対を後ろに引きます。

これを3回ほど繰り返して、

両手を伸ばすとかなり手が床に近づいています。

斜めに伸ばすことで、

片方づつの広背筋と腹斜筋が縮んでは伸ばされ、

緩んでくるのです。

また、伸ばしている方も手がつま先についているので、

脳が「手が届く!」と認識してくれて両手でした時には、

勘違いしてくれて手がつく程、筋肉は柔らかくなっています。

お問合せ