.

肩のセルフケア胸・脇マッサージ

 

肩を返すときの筋肉など

 

整体で姿勢矯正をした後、セルフケアをすれば効果倍増。

 

当院の患者様にお伝えしてる脇や胸から肩を緩めるオリジナルのマッサージを解説。

 

肩甲骨や肋骨の位置は個人差があるので適格な位置・強さは通院時にお伝えします。

 

「あいうえお」で面白おかしく画像を撮りました。

 



 

自分でできる施術を教えるのも当院の特徴です。

 

肩甲骨は脇から緩める

 

普通のストレッチだと三角筋や僧帽筋など大きな筋肉が伸ばされてインナーマッスルまで効きません。

 

脇から押さえることで深層の筋肉をほぐせます。

 

あーの章(肩甲骨の裏)

 

肩こりのセルフケア脇から肩甲骨外側裏面をほぐすあいたたたっというくらい押さえます

何だか痛そうな表情で「あ~」と吹き出しがあります(笑)



 

最初はまず脇から肩甲骨外側で裏側を押し上げていきます。

 

施術で私がほぐしても痛くないのですが自分で押さえると少し痛いです。

 

場所的に指先で押し上げるしか触れませんので、多少の痛みは我慢してグッと押さえて血流をよくしましょう。

 

肩甲骨と肋骨(肩甲下筋と前鋸筋)の間に指を入れるのはこの方法が一番です。

 

ちなみに、施術として肩甲骨内側で裏側をほぐすのが肩甲骨はがしです。

 

肩甲骨の内側から指を入れてほぐす肩甲骨はがし。当院の人気メニューです。詳しくはこちら☞肩甲骨はがしのページ



 

いーの章(胸側の筋肉)

 

胸の筋肉をつかんで伸ばしたり腕を回したりします。

 

肩甲骨を大胸筋のストレッチで緩めるセルフケアいててててっというくらい押さえます

痛みを伴いながらも胸から脇へ筋肉を伸ばしてあげると腕が回りやすくなります。



 

主に大胸筋をつまんで腕を回します。

 

腕をまわす方向は前から上、上から後ろへと回しましょう。

 

腕は下から前、後と回して大胸筋をしっかりつまむストレッチをする

痛そうな顔はわざとですよ(笑)



 

後回しの方が肩が引っ掛かったりゴリゴリ音がしたりします。

 

肩を回す時に動きに合わせて大胸筋をまわす方向へ持ち上げると回しやすくゴキゴキ音もなりにくいです。

 

逆に回す方向と反対に下げるとストレッチが強くかかり大胸筋が強めに伸ばされます。

 

(このあたりの表現説明は文字では難しいので、来院時に実際やってみて指導させてもらいます。)

 



 

うーの章(隙間の関節)

 

前後の筋肉を伸ばしたら、肩甲骨と上腕骨の隙間(関節)を広げる様に突き刺します。

 

脇から肩甲骨と上腕骨の間を広げる様にせるふけあうーって唸るくらい突き刺します

 

脇は毛細血管が一杯詰まってるところです。

 

他にも神経やリンパも集中しているので硬くなるとしびれや五十肩の原因になります。

 

ギャグになるくらい脇は大事です(笑)



 

ここにツーンとくるポイントがあるのですが、

 

脇に指がグイッとめり込みます

脇に指がグイッとめり込み関節を広げるのですが、ズーンと響くツボのポイントがあります。



 

やはり文字では説明しがたく野球肩などの特効ツボなので来院時に場所を確認してみてください。

 

結構重要なので覚えてもらうためにもう一回!

 

鍼灸師の方と真似してみました。「毛細血管いっぱい詰まってるとこ脇ぃ~」



 

えーの章(鎖骨下)

 

もう一度胸の方へ戻って鎖骨の下から肩へ向けて鎖骨ごと皮膚を伸ばしていきます。

 

鎖骨の下を肩に向かって一方通行で押さえ伸ばすセルフケアでえーっていうくらい圧し伸ばす

これはそんなに痛くないのですが流れで変顔をしています(笑)



 

これも大胸筋ですが上部線維と鎖骨下筋そしてリンパも含めて中枢から末梢へ流す様に押し伸ばします。

 

大事なのは肩から胸方向には擦らないことです。

 

必ず胸を張る様に内から外への一方通行で伸ばすことが大事です。

 

胸骨から鎖骨下に沿って大胸筋を手前に引く

 

施術でもそのように筋膜リリースしています。

 

おぉーの章(押さえ方)

 

最後に補足です。

 

脇の押さえ方は右手を一本の棒にして左手で引くように肩甲骨に効かせるセルフケアおーってなるくらい押し上げる

 

押さえる手、例えば左わきを押さえるなら右手は力入れにくいので、

 

右腕を一本の棒のように硬くします。

 

右肘を左手で持ち左手で引くようにすると左脇がほぐしやすいです。

 

大胸筋を掴んだまま腕を回します

 

注意事項としびれ

 

肩甲骨が巻いてきて脇の下にある腋窩神経などを圧迫すると指がしびれたりします。

 

もし指に痺れがあり巻き肩を気にされているなら今回のセルフケアはしっかり行うべきです。

 

ただ押さえる場所によっては悪化することもまれにありますので自己責任でお願いします。

 

ご心配な方は当院に一度ご来院いただいて正しいポイントを学んでください。

 

070-5431-2139http://xn--pss29zxxn1u2ajyayjh9w.jp/contactform

 

施術を受けた人がセルフケアをして痛くなったという報告は一件もありませんが、

 

ブログだけ読んでする場合はくれぐれも痛すぎる刺激は避けましょう。

 

「毛細血管いっぱい詰まっているとこ」ですからね!

 

その他セルフケアのブログ

 

世界一受けたい授業で紹介された肩甲骨はがしの解説blog☞

 



 

 

野球肩などのセルフケアなども書いたブログはこちら☞

 



 

シビレについて書いたブログはこちら☞

 



 

 

手首腱鞘炎などについ手のケアはこちら☞

 



 

指のストレッチ

 



 

セルフケアはあくまで予防や早期改善のための補助的なものです、

 

何か月何年もお付き合いしている肩こりや整形外科病院専門医でも治らなかった五十肩は、

 

寝屋川市守口市大東市四條畷市大阪市内や東京都奈良神戸市から来院する当院に相談下さい。

 



 

肩こり姿勢改善の患者様

 

肩甲骨矯正http://kuriokaseitai.com/archives/602猫背矯正http://kuriokaseitai.com/archives/602肩甲骨矯正http://kuriokaseitai.com/archives/602肩こりhttp://kuriokaseitai.com/type_12肩こりhttp://kuriokaseitai.com/type_12http://kuriokaseitai.com/type_11

 

※施術効果には個人差があります。

お問合せ